防音で意外と狙い目な賃貸

防音で意外と狙い目な賃貸

賃貸経営の賃料設定について

家賃の設定というのは、賃貸経営をするうえで、重要な項目です。高すぎれば入居者が来ず、低すぎれば利益率が悪くなる、悩ましい問題です。家賃設定は賃貸経営をするいちばん最初にしなければならないことですが、その設定は基本的には不動産会社と相談のうえ決定されるべきことです。もちろん、築年数が募れば募るほど、物件の価値というものは下がってくるものです。その都度更新していかなければなりません。

それでは、家賃設定はどのようにするべきでしょうか。複数の不動産会社に家賃査定を依頼する場合もありますが、パフォーマンスとして高額な査定をする不動産会社も中にはあるので、一概に不動産会社の査定を信じすぎるのには注意をすべきでしょう。まずは周辺の物件の家賃相場を調べることです。家賃はできれば高い方が良いですが、相場に比して高すぎる設定にしてまうと、入居者との信頼関係を築くことも難しく、また入居者がいなければいくら家賃を高くても意味がないので、やはり不動産会社とじっくり相談をするべきです。具体的には、物件の立地条件や広さ、間取り、設備などを周辺の物件などと照らし合わせてどの程度のレベルなのかを計算して算出するのが一般的な方法です。

オススメワード

Copyright (C)2017防音で意外と狙い目な賃貸.All rights reserved.