防音で意外と狙い目な賃貸

防音で意外と狙い目な賃貸

賃貸物件の家賃設定の流れについて

家賃はいくらにするか、賃貸経営をするときに頭を悩ませるいちばんのポイントはここです。それは高すぎれば人が入らず、低すぎても採算がとれないという、非常に難しい問題です。家賃設定というのはどのように行われるべきなのでしょうか。

まずはアパートやマンションを建設するのにかかった費用を計算すべきでしょう。家賃収入が建設費用のローンなどを上回らなければ、つまりそれは赤字ということになってしまいます。ですから、建設にいくらかかったのか、そのローンや税金などの支払いが月々いくらになるのかを計上し、それを上回る額を得られる設定で家賃を決めなければ、そもそも利益が上がりません。それがまずは基本となります。

次に物件の価値をはからなければなりません。立地条件や間取り、あるいは部屋の広さや収納スペースの有無、設備内容からはたまた日当たりまで、さまざまな条件を洗うのです。そうしてその地域の周辺の物件と比べて保有の物件がどの程度のレベルにあるのか、つまり相場と照らし合わせて家賃設定の材料とするのです。もちろんこうしたことを個人でやるのには限界がありますから、不動産会社が家賃査定を行う過程でこうした調査をしてくれるはずです。ですから、不動産会社とよく相談のうえ、家主は自分の希望を伝えながら家賃の設定をしていくのです。

オススメワード

Copyright (C)2017防音で意外と狙い目な賃貸.All rights reserved.