防音で意外と狙い目な賃貸

防音で意外と狙い目な賃貸

わざわざ賃貸アパートという選択について

もともと集合住宅であるアパートやマンションというのは、賃貸であれば壁が薄くておとなりの音が聞こえてくるのが心配、という声がよく聞かれるものです。けれどもアパート暮らしをしている人たちの多くは、そういうことをわかって借りていますから、お互いに波風を立てないようにうまく生活しているところがあります。朝早くから物音をたてないとか、夜遅くにテレビを見るときはイヤホンをするとか、大きな音を立ててドアの開け閉めをしないとかいったことに注意するのです。そうすると、確かにトイレの水を流す音などは聞こえますが、それはお互い様と思えるでしょう。

むしろ、アパートよりは防音性に優れていると思われるマンション暮らしの方が、音に無関心になってしまいそうな気がします。畳よりは音が伝わりやすいフローリング仕上げになっていることが多いのも、騒音問題につながりやすい原因でしょう。古いアパートの場合、畳の部屋のままのところも多いのですが、畳は意外と音を吸収してくれるため、暮らしやすさにつながるメリットがあると言えます。互いに気を遣い合いながら生活できるのであれば、家賃が安い賃貸アパートはむしろ、メリットの多い物件と言えそうな気がします。
Copyright (C)2017防音で意外と狙い目な賃貸.All rights reserved.